牛タンの通販|ギフトやお取り寄せなら松阪牛をお勧めします。

牛タンの通販サイトでお勧めしたいのが「特撰松阪牛専門店やまと」さん

こんにちは、最新の “おすすめ情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、ギフトとして人気の高い松阪牛の牛タンがお取り寄せできる、お勧め通販サイトをご紹介させていただきます。

★★★ 牛タンの“うんちく” ★★★



画像出典元:職人仕込みの技と心 | 味の牛たん喜助

牛タンは牛の舌部分のことですが、牛タンの中でも特においしいのは舌の根元のほうになります。

根元付近はタンモトやタンツラと呼ばれており、脂がのっていて柔らかいのです。

牛タンの上質なものを食べたい時にはタンモト、もしくはタンツラはあるかと店員さんに聞いてみるのが良いでしょう。

タンモトはお店では上タンと書かれていることもあります。

そして、どうせタンを食べるのであれば、できるだけ美味しいタンを食べたいものですが、どう選べば美味しいのかという見分け方があるのです。

例えば色、牛タンには赤身と白身がありますが、赤身であればきれいな赤色のものか赤紅色のものを選ぶのが良いです。

そして白身であれば、かなり薄めのピンク色のものを選ぶと良いでしょう。

また、焼き肉にする場合は、どんな食感を求めるかで選ぶのもコツです。

牛タンならではの弾力を楽しみたいのであれば、霜降りの少ないもののほうが旨味もぐっとつまっています。

逆に脂の甘みを感じたい時には、霜降りが多いものを選ぶと良いでしょう。

せっかく霜降りになっているのですから、そういった場合には軽く炙る程度で食べるのがコツです。

もしスーパーなどで牛タンを購入する場合も、同じような見分け方で問題はありませんが、お肉の陳列棚にライトがあてられているようであれば、棚から取り出してから色などの確認をするほうが正確に見分けられます。

絶対に買わないほうが良いタンは、肉の色が黒ずんでいたり、肉からドリップ(血汁)が多いもの、生臭いもの、切り口が乾いてしまっているもの、脂が黄色っぽいものなどです。

食べた時に後悔しますので、そういった類の牛タンは購入しないようにしましょう。


新鮮な牛タンは、刺身でも食べることができるほど柔らかな食感をしています。

また味がおいしいだけではなく、牛タンは栄養豊富なので、体を元気にしたい時にも良いです。

しかも脂質がお肉の部位と比較して少なめなのでヘルシーですし、鉄分やビタミンB群、コレステロールなども豊富に含まれています。

コレステロールはたんぱく質と共に細胞膜を構成する成分として必要な栄養素ですから、過剰摂取は良くありませんが、積極的に摂取するのは良いことです。

他にも牛タンにはタウリンが含まれており、インスリンの分泌促進や血圧のコントロールをするのにも役立ちます。

しかもタウリンは、焼いたりしても壊れることがないため、糖尿病の予防にもぴったりなお肉なのです。


店頭で求めたり、通販でお取り寄せした牛タンのおいしい食べ方は、焼く道具にもよりますが、例えば網の上にのせて焼くという時は、最初に焼き網を十分に温めておいてから肉をのせます。

そして最初に、強火で表面のたんぱく質をなるべく早くかためることが重要です。

こうすることで中に肉汁がとじこめられ、噛んだ時に肉汁があふれ出てくるのです。

焦げないようにと弱火で焼いてしまうと、逆に肉汁が肉の外に出てしまうので、せっかくの旨味も全て流れ落ちてしまいます。

牛タンの表が焼けたら(1分~1分半)と、さっと裏返します。

余裕があれば、少し火の弱いところに移しましょう。

そのまま約30秒から1分ほど経って出来上がりです。

裏返しは絶対に1回のみです。

何度も返すと肉汁がでて、旨味が逃げてしまいますのでご注意ください。

この焼き方をすれば、中が少しピンク色の残る柔らかな状態になって牛タンをおいしく食べることができます。


また通常、牛タン焼きに使われるのはタンのミドルやタンモトの辺りを厳選して使うことが多く、舌先などはかたいため、捨ててしまうことも多いといわれています。

牛の舌自体が全体でおよそ1.5キロほどあるとされていますが、実際に料理として使われるのはその半分ほどなのです。

つまり舌の使用できる部分がほとんどないような状態ですから、その分だけ価格が高くなってしまうのです。

そして牛タンと言えば仙台が有名ですが、てっきり和牛かと思いきや、以外にも使われてるタンの産地は大半のお店がオーストリアなどの外国産だったりします。

その理由は、とにかく仙台は消費量があまりにも多いのと、こういった理由で国産だと値段があまりにも高くなりすぎるからなのです。

★★★ 牛タンのお勧め通販サイト【特選松阪牛専門店やまと】 ★★★

ギフトして贈ったり、ご自宅用としてお取り寄せをするのであれば、やはり美味しい牛タンが確実に手に入るような通販サイトを選びたいものです。

そんな通販サイトでお勧めしたいのが「特撰松阪牛専門店やまと」さんなんです。

こちらの通販サイトでは15年連続でチャンピオン牛を落札しているという歴史があり、しかも松阪牛なので肉質についても抜群のおいしさです。

人気の部位であるだけに、松阪牛の場合もタンの争奪戦は厳しいものになります。

なぜなら、牛1頭につき1本しかとることができないからです。

上質な松阪牛を手に入れることができるお店が、上質な牛タンも手に入れられるといっても過言ではありません。

松阪牛通販サイトのやまとさんでは、注文を受けてからタンの準備をするので、あらかじめカットしたものを小分けして販売するということがありません。

ちなみに東京食肉市場から入手している通販サイトなのですが、この市場では例え松阪牛であろうとも舌は内臓扱いになるため、表記が黒毛和牛というものになっています。

やまとさんでは松阪牛を取り扱っていますからギフトとしてもぴったりですし、自宅用のお取り寄せとしても普段とは違うちょっとした贅沢な食事として楽しむことができます。


通販サイトとして牛タンは、100gのタン塩や1本丸まるカットのものがあります。

お取り寄せやギフトにする時には、粗塩やおろしわさびでシンプルに食べるのがオススメの食べ方です。

1本丸まるカットしたものはタン先からミドルまででおよそ700gで7人前の焼き肉をできる量があり、タン下(タンの下側の部分)は塊で500gもあります。

タン下は硬いですが甘みのある味なので、タンシチューにしてじっくり煮込むと、牛タンをとても美味しく食べることができます。

1本丸まるまでは食べないという場合はタン塩100gという商品があり、だいたい5枚分の量になります。

100g分でおよそ1人前と考えておくのが良いでしょう。

ですから、ギフトとして牛タンを贈るのであれば1本丸まるセットのほうを贈るほうがたっぷりと食べることができます。


また、大人数で食べるのであれば、牛タンパーティーセットがあるので購入してみるのも良いと思います。

こちらの通販セットは4、5名向けになっており、牛タンは100gでおよそ5枚分があります。

他には黒毛和牛の上カルビ200gや松阪牛のモモ肉ダイヤモンドカット100g、松阪牛モモ肉角切りステーキ100gの他、焼き肉専用タレもセットになっているので、すぐに本格的な焼き肉を堪能することができます。


セットではない場合は、どうせだったら焼き肉専用のタレも一緒に購入してみるのも良いです。

やまとさんオリジナルの焼き肉タレが、432円で購入できるようになっています。



また、牛タンを通販で購入するのであれば、購入者限定で購入することができる「俺の牛タンアヒージョ」も買ってみるのも良いでしょう。

こちらは焼き肉では使われない筋が多いタン下という部分を使って作られており、長時間加熱することによって柔らかい状態にしてあります。

ニンニク1粒をつぶしてみじん切りにしてオリーブオイルを足し、「俺の牛タンアヒージョ」のパックの中身を加えて、他にお好みでピーマンやブロッコリー、プチトマト、小エビなどを入れて熱々にして食べます。

やまとのサイトにはアヒージョのアレンジレシピがいくつか載せられていますので、多めに購入しておけば、いろんなアレンジで食べてみるといいです。


和風にするのであれば牛タンにレンコンをあわせた味噌オイル煮



洋風にするのであればピクルスとあわせたトマトアヒージョ



さっぱりと食べるのであればたっぷりのパセリとあわせるアレンジもおいしく食べることができます。


アヒージョは赤ワインとバゲットと一緒に食べるのもとてもおいしいので、牛たんのアヒージョを食べる時にはスペインに行ったような気分で、どうぞ食べてみて楽しんでください。

ギフトやお取り寄せに最適な牛タンのお勧め通販サイト【特選松阪牛専門店やまと】さんはコチラ


■LINK■
  • 仙台牛タンの歴史
    仙台牛タンの生みの親「太助」の初代店主 佐野 啓四郎氏(故)が、洋食料理の中で使われていた素材「牛タン」の旨さのとりこになり、試行錯誤を重ねた末「牛タン焼き」が誕生しました。